スポンサーリンク

【夫婦キャンプ】片付け編 ~キャンプから帰ってきたら~

夫婦キャンパー(初心者)
夫婦キャンパー(初心者)

キャンプの後の片付けってどんな流れ?なにかお手入れとかしたほうがいいの?

 

この記事では、夫婦でキャンプをはじめてみたい!これから始めようかな?って考えている人への参考になるような内容を実体験をまじえながら記録します。

 

この記事の作成者

家に帰るまでがキャンプです

キャンプは自宅に到着したら終わり。

 

ではありません。

 

片付け終わるまでがキャンプなのです。

 

遠足と同じですね。

 

それではどのように片付けるのか、我が家のだいたいの流れをみてみましょう。

片付けの流れ

① 拭けるものはなるべく拭いてから車に積み込む

特にペグやポール、椅子の脚などには泥や朝露、芝などが付着しています。

その場で捨ててもいいような雑巾を何枚か持っていくのがおすすめです。

 

合わせて我が家で愛用しているのがこちら

吸水性に優れているので空拭きで使うのもよし、水ぶきで使うのもよし。

激落ちくんのスポンジを使ったことのある方ならわかると思うのですが、その仲間というだけあって水だけで結構汚れが落ちます。

 

さらにゆとり主婦の嬉しいポイントは、洗濯すればぞうきん自体の汚れもかなり落ちるという点です。

 

② テントが雨で濡れていたら、ドライバックなどに入れて車に積み込む

撥水性に優れているテントでも、片付けのときまで雨が降り続いているとどうしてもひたひたのまま袋にしまうことになってしまいます。

その場では乾かすのは難しいので、このようなドライバックに収納してひとまず車が濡れることだけ防ぎましょう。

③ 安全運転で帰宅する

チェックアウトの時間はみんなほぼ同じです。

キャンプ場周辺の細い坂道など混みやすいので、特に雨の日や冬場は気をつけて運転しましょう。

忘れ物もしないようにしましょう。

 

④ 荷物を車から降ろす

 

⑤ 食器をつけ置き洗いする

食器は家でしっかり洗いたい派なので、キャンプ場では軽く洗うか拭く程度にしています。

ちなみにキャンプ場で使う食器用洗剤はこちらを使用しています。

界面活性剤などが含まれていないので、環境にも手肌にもやさしい設計です。

 

⑥ テントを乾かす

雨で濡れた場合はもちろん、晴れていたとしてもテントは一度乾かすことをおすすめします。

晴れの日も朝露で意外と湿っているからです。

 

テントはよく乾かすことが大切のようで、そうしないとカビてしまったり、長持ちしなかったりします。

一度付いてしまったカビはなかなかとれませんし、決して安くはないものなので清潔に永く使いたいですよね。

 

我が家の愛用テントはこちらなのですが

定員4,5人用で大きめなので、広い庭か、ベランダで干すのをおすすめします。

 

我が家はベランダで干しています。

晴れた日に1時間ごとに動かしながら干すと、9割ほど乾かすことができます。

 

それでも完全に乾いてなさそうで心配な時はこちら

まさか布団乾燥機がテントの乾燥に活躍してくれるとは思ってもみなかったのですが、これはおすすめです。

この布団乾燥機は温度や時間を自分で設定できるのでゆとり主婦は冷風で使用しています。

温風だとテントの素材的に傷めてしまうかもしれないからです。

 

これは布団乾燥機の本来の使用目的とは異なるので自己責任でお願いします。

 

⑦ 気になるものを拭き上げる

こちらの愛用テントシートや

自分たちしか使用していないものでも、意外と灰や汚れが付着しています。

こんなご時世なので、除菌しながら拭き上げ掃除をしてから家の中にしまうと安心で気持ちいいです。

 

我が家ではパストリーゼを愛用しています。

緑茶成分配合で食品にも使えますし、お子さんのいるご家庭にもおすすめです。

 

キャンプ用品は主にペグやポール、椅子、テントの紐、食器類、テーブル、クーラーボックスなどを拭いています。

 

⑧ 足りなくなったものを確認しながら荷物をしまう

きれいになったキャンプ用品をしまいましょう。

その中で薪や着火剤、虫除けスプレーなど消耗品の在庫を確認しておくと次回の準備も楽チンです。

<まとめ>

・家に帰るまでがキャンプ

・テントは布団乾燥機を駆使してよく乾かすべし

・パストリーゼで除菌しながら拭き掃除すべし

タイトルとURLをコピーしました