スポンサーリンク

【税金の仕組み】ふるさと納税とは

納税夫婦
納税夫婦

ふるさと納税って、なんだろう?本当にいいの?面倒ではないかな?

 

この記事では、お金にまつわる内容を簡単にまとめています。

 

この記事の作成者

ここでは「ふるさと納税」について解説します。

 

ふるさと納税することで、たくさんのメリットがあります。

 

手続きが大変そう・・・とか

本当にお得なの・・・とか

ふるさと納税って、良さそうと聞くけど踏ん切りがつかない人も多いかと思います。

 

しかし、ふるさと納税は絶対にメリットがあります。

 

ふるさと納税のメリットを最大限うけるために重要なことをここで解説します。

ふるさと納税とは

簡単にいえば、収入などに応じた金額まで自己負担2000円で様々な特産品をもらえる制度です。

 

実際に払ったお金は、本来納税すべき税金から差し引かれるので節税になるといった仕組みです。

 

2008年からはじまった制度で、意外と前からある制度です。

 

ふるさと納税することで

 

・寄付によって地域を応援できる

 

・自己負担は2000円だけ、それで特産品をもらえる

 

・(購入先によっては)ポイントも貯まる

 

多くのメリットがあります。

 

これらのメリットを最大限うけるために「手続きを忘れずに行うこと」が重要です。

 

また、自分がどの金額までふるさと納税できるか確認しておくことが重要です。

おすすめのふるさと納税

私たち夫婦は、お肉や魚介類、果物など様々な特産品をふるさと納税することでもらっています。

 

季節に応じて、

「うなぎ」を選んだり、

「旬な果物」を選んだり、

「鍋用のお肉」「バベキュー用のお肉」を選んだりしています。

 

なかなか食べられない「厚切り牛タン」もおすすめです。

 

下記のサイトから、自分がどのくらいの金額までお得にふるさと納税できるのか計算できます。

「ふるさと納税控除上限額シミュレーション」自分の収入家族構成を入力するだけです。

金額に応じて、いつどの特産品をもらおうか考えることも楽しいですね。

 

また、ふるさと納税することで節税できるだけでなく、ポイントも貯まるのでさらにお得です。

私たちは食いしん坊なので、ついつい食べ物を選んでしまいますが、お酒や食器、宿泊券などいろいろな特産品があります。

 

ふるさと納税の特産品を楽天から購入して楽天ポイントをためている人も多いのではないでしょうか?

さまざまな市町村から、いろいろな返礼品があるので見ているだけで楽しいですね。

 

いろいろと工夫をこらしていますね!

実質2000円の正体

ふるさと納税として、寄附したお金のほとんどは税金の控除というかたちで戻ってきます。

 

実質2000円で地方の特産品を受けとることができといった制度です。

 

だから、最初は払います。

 

この後に述べる手続きを忘れずに行うことが重要です。

 

そもそもふるさと納税は「税制を活用してふるさとへ貢献する仕組みをつくりたい」という思いから生まれたようです。

 

ふるさと納税は、国・地方自治体・個人、それぞれにメリットがある仕組みとなっています。

 

ふるさと納税は、年内に何回も行えます。

 

人によって戻ってくる控除額の上限が違いますので、 「ふるさと納税控除上限額シミュレーション」 でチェックしておきましょう。

忘れてはいけない!手続き

①確定申告する人

確定申告する人は、ふるさと納税した金額を寄附金控除額の計算に含めることで、所得税のほか、住民税から寄附金控除を受けることができます。

確定申告するときに、「寄附金控除額」に自分が支払ったふるさと納税の金額を忘れずに入力しましょう。

また、ふるさと納税した時に届く寄付金の証明書も捨てずに、確定申告まで大切に保管しておきましょう。

この証明書は、寄付した時にその都度送られてくるので、確定申告する人は確定申告するまでなくさないようにわかりやすいところにしまっておくことが重要です。

 

②確定申告しない人

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。

確定申告の不要な人が寄附を行う場合、確定申告を行わずにふるさと納税の寄附金控除を受けられる特例があります。

 

この特例を受けるための条件は、

・ふるさと納税先の自治体数が5団体以内

・それぞれの自治体に申請書を提出すること

です。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」 は簡単ですね!

 

確定申告しない人は、自治体数をしぼって、ふるさと納税することで簡単にこのふるさと納税といった制度を利用することできます。

 

また、上記の特例の適用を受ける人は、「①確定申告する人」とは違って、所得税からの控除は発生しません。

ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減税という形で控除が行われます。

 

ふるさと納税は節税になる、家計にとって大切な制度です。

 

メリットを最大限いかすために手続きを忘れることなく、また下記のようなポイントが貯まるサイトがおすすめです!

<まとめ>

ふるさと納税は実質2000円で様々な特産品をうけとれる

人によって上限金額は決まっている

ポイントの貯まるサイトで購入することでさらにお得

忘れずに手続きしましょう

タイトルとURLをコピーしました