ほうれん草の美味しい茹でかた

お悩み
お悩み

ほうれん草を茹でるとくたくたになっちゃう。美味しく茹でる方法ないかしら?

 

この記事では、このような疑問を解決します。

 

この記事の作成者

ほうれん草には栄養がたっぷり

季節を問わず、一年中スーパーで購入できるほうれん草、みなさんはその栄養価をご存知でしょうか?

ほうれん草は、野菜の中で鉄分が最も多く、鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富に含まれています

その他にも、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどビタミン類も多く、さらに葉酸、食物繊維も豊富なので、非常に栄養価の高い野菜です。

自粛生活の息抜きに!ほうれん草を自家栽培してみるのもおすすめです。

F1 春まきサラダほうれん草 ボーノ 種子 たね 品番6272

価格:210円
(2020/5/2 22:26時点)

ほうれん草の美味しい茹でかた

みなさんはほうれん草を茹でる際、つい茹で過ぎてくたくたになってしまったことありませんか?

栄養たっぷりのほうれん草、せっかくならシャキっと美味しく食べたいですよね。

 

そこで私が失敗を繰り返してたどり着いた、ほうれん草の美味しい茹でかたを紹介します。

①ほうれん草をよく洗います。

②鍋に3分の2くらいの高さの水と塩を小さじ1杯程度入れます。

③お湯がぶくぶく沸騰したら、ほうれん草を入れます

このとき、葉の部分を手で持ったまま、下半分の根と茎部分だけを入れてください。上半分の葉はお湯につけないようにしてください。

下半分の根から茎部分をお湯につけた状態で10秒数えます。

⑤その後上半分の葉も全部お湯につけます。ここで20秒数えます。

⑥火を止めます。

⑦ほうれん草をざるで湯切りし、すぐに水にさらします

あくまで私の自己流ですが、この茹でかたにしてからほうれん草の発色もよく、シャキッとした食感になってとても美味しいです。

 

【ポイント】

・茹で時間は合計30秒

・ほうれん草を茹でる時は鍋から離れない

下半分と上半分に分けて茹でるべし

塩を入れるとほうれん草がきれいな緑になる

・湯切りしたほうれん草は放置せずに、すぐ水にさらす

・カットする前に根元から絞るように水気をよくきる

 

<まとめ>

・ほうれん草は栄養たっぷり

・ほうれん草の茹で時間は30秒がベスト

・上半分と下半分に分けて茹でるべし

・湯切りからカットまで手早くすべし

コメント

タイトルとURLをコピーしました